混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話。第2話ネタバレ

投稿日:

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話5

無料立ち読みはこちら
混浴温泉で年上のお姉さんに
いっぱい出させてもらう話

第2話「もう分かるでしょ?ここにオチ○チン挿れてごらん」

「や…コレは…」

ヒクヒクと唸るように勃○したオチ○チンが恥ずかしい。

「これはシコシコしてあげないとダメかな〜」

お姉さんの股の間に僕を抱き寄せるとオチ○チンを掴みながら擦り始めた。

何をされるのか分からないでいる僕をお姉さんは驚いているようだった。

僕にとってオチ○チンを擦るのは初めての経験。

意識が遠のいていくような感覚になる。

ーなんだこれ…気持ちいい…ー

「…オチ○チンが変です…」

お姉さんは手の動きを止めようとしなかった。

「大人のオチ○チンにしてあげる…」

そして、お姉さんの手の中で初めて射○をした。

「ねぇ…露店風呂もあるのよ…」

お姉さんに半ば誘惑されて露店風呂の方へ移動する。

何をするのか分かっていない僕にお姉さんはエッチなことをすると言ってきた。

「ココを使ってオチ○チンを気持ちよくするの」

お姉さんは、お尻の下に両手を添えて持ち上げるとお尻を僕の目の前に突き出してきた。

「ここにオチ○チン挿れてごらん…」

挿れ方が分からない僕のオチ○チンをお姉さん自ら挿れてくれる。

中はヌルヌルで気持ちがいい…

 

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話9

オチ○チンからまたすごい量の精●が…

 

-混浴温泉

Copyright© 混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話。精通を体験!無料ネタバレ , 2019 All Rights Reserved.